読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラーメンを食べます。Twitterはこちら https://twitter.com/goregrind_men

鶴岡 温もり中華そば銀河 中華そば大盛

こんにちは。ラーメン食べてますか?

本日は家族でラーメンです。

それではやっていきましょう。

 

鶴岡は櫛引にあります

温もり中華そば 銀河

へ行きました。

庄内グルメ小僧* : 温もり中華そば 銀河

紹介サイトがあります。

なんかこれに全部書いてあるので各自読んでください。

 

f:id:goregrind-axhx:20160802125150j:image

中華そば大盛(900円)+とろたま(120円)

 

見た目がとても美しい。

スープの味ですが、見た目通りの透明度ながら

ひと口目は鯖節を強く感じました。

そのせいか旨味が凄い口に残るんですよね。

あっさりというかドあっさり。

かといって物足りなさがある訳ではなく

なんて言えばいいんですかねぇ、こういうの。

まあ水が特殊なんでその関係なんでしょうかね。

 

f:id:goregrind-axhx:20160802125320j:image

これ、店内にある浄水器です。

こいつでもって純水にして

その純水を全行程に使ってるそうです。

ラーメンと水は絶対に切り離せないですからね。

水が不味いと全部不味くなります。

 

本当、スープの透明度が高くて、味がはっきりしてる。

かといって尖ってる訳ではないんですよ。

反発力みたいなのがない、と言えばいいのか。

普通味が強いとパンチがあるとかいいますけど

この銀河も味が弱い訳ではないというか

むしろはっきりとわかる形なのに、殴ってはこない。

店の名前通りの温もりって事なんですかね。

形容する言葉が出て来ませんが

よく研究されてるなぁと思いました。

 

f:id:goregrind-axhx:20160802125704j:image

麺です。

丼が深くて何時もの撮り方が出来ないのでリフト。

真っ白なストレート麺。

シルク麺って名前そのままですね。

かん水をそれ程使わずシルクゲルによって補ってる

との事ですが、なんと言えばいいのか

確かに風味も多少柔らかい感じなんですけど

食感の違いがあるなーと思いました。

この細さの麺にしては、こう、なんというか

伸縮性があるというか。

ツルプリな感じなんですけど、噛むと伸びを感じる。

まあ個人的印象はこんな感じです。

 

f:id:goregrind-axhx:20160802130310j:image

チャーシュー。

三元豚バラ豚との事。

肉厚で焼き目も綺麗ですね。

味付けは比較的落ち着いてます。肉の味がある。

この脂身感でもって初めて反発力が見えます。

 

f:id:goregrind-axhx:20160802130620j:image

とろたま。

白身だけがゆで卵になった温泉卵の味です。

どうやって作るんでしょうか。謎。

これはこれで独特なので好きです。

メンマは非常に柔らかく、味は濃いめでした。

 

大盛りにしたんですが、麺量多いですね。

というか麺の特性的に食ってる感が出るので

その関係もあるか。

後半のスープは諸々溶け出しているので

ひと口目ほど鯖節の強さがわかる感じはなく

全体的に強いスープに仕上がってますね。

最初と最後のギャップが凄い。

 

f:id:goregrind-axhx:20160802131730j:image

割と麺量に押しやられたので完食どまり。

これでも半飲くらいですね。丼が深いんですよ。

 

味、量共に大満足です。

店主のこだわりというか、研究のわかる一杯でした。

かなり好みの味ですね。

基本あっさり系ってあまり食わないんですけど

銀河だったら今後も行きたい。

ぶっちゃけ久太嫌いなんでどうかなと思ってたんですが

銀河は大当たりですね、はい。

 

因みになんで久太が嫌いかというと

俺は普通にチャーシュー麺が食いたかったのに

なんか知らんけど大量に胡麻が入っており

胡麻の味しかしなかったからです。

胡麻が食いたきゃ担々麺頼んでるんですよ。

別に胡麻ラーメン食いたい訳じゃないんですよ。

という感じです。

龍上海の赤湯ラーメンの青海苔みたいな感じですね。

いらんやろ、それ、という。はい。

まあ俺の好みの話なんでどうでもいいですね。

 

本日は突発的な家族ラーメンでした。

なので次回はまだ未定です。

酒田の風林火山でとあるネタをやるか

それとも麺屋酒田港店の舟麺を食うか

はたまた全く違うラーメンか。

来週まで悩んでおこうと思います。

今回はこんなもんで。