読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラーメンを食べます。Twitterはこちら https://twitter.com/goregrind_men

麺や土門 豚そば特豚増し

こんにちは。ラーメン食べてますか?

2日連食です。理由があり、痩せたからです。

それではやっていきましょう。

 

到着は10時50分。

オープン前待ちは3人。

前回のエントリで書きましたが、醤油です。

量は特盛。特盛でも400gですからね。

麺も細めなのでサラッと食えるでしょう。

豚増しは必須です。

 

f:id:goregrind-axhx:20160711121642j:image

豚そば特 豚増し 1200円

コールはニンニク多めで他は普通。

アブラ少なめかなと思ったんですが

コール表に書いてなかったのでやめました。

 

ヤサイを一口。しっかり茹でられている。

割とクタ目なヤサイです。噛んでる感はあります。

提供前に醤油をひと回しかけていた様ですが

あまり感じないので卓上で追加。

おっ、確かに尖った部分が消えている。

醤油自体の塩分濃度も控え目な印象。

独特の旨味がある物、という訳ではない様です。

割とオーソドックスなラーメン用醤油だと思います。

変化がわかったのでヤサイをシャくっと処理。

 

スープを纏わせながら麺も一口。

かなり驚きました。完成度が非常に高い。

個人的な土門と風林火山のスープの違いですが

風林火山は背脂、腹脂を使いガッツリと乳化させ

脂の美味さで食わせる感じだとすれば

土門はそこまで脂を使わず、

乳化はさせながらあくまで出汁であるというスタンスで

醤油の効きとのバランスでもって完成させるタイプ

だと思ってます。

そういった意味で以前の醤油では

尖った部分が強すぎてせっかくのスープが死ぬ

という印象でした。

今の醤油にそんな印象はありません。

これは一つの完成系と言っていいと思います。

ただ一つ、個人的に惜しいと思った部分があります。

尖った部分が無くなったのは非常に良いのですが

丸くなりすぎたのでは、と。

矛盾した事を言っているのは承知です。

しかし、話は前後しますが、完食するまで

塩分濃度が一定だったんですよ。

常に丸いままで進んでいく。

風林火山は完食間際になると塩分濃度がガッと上がり

日によっては厳しさも感じるんですが。

しかしまあこれに関しては

カラメコールや卓上で調整可能ですし

ニンニクでパンチを加えれば然程気にならず

また麺量やヤサイの加減でもブレる部分だと思うので

許容範囲内であると言えます。

ここにもう一つまみ塩を加えたらかなり仕上がるのでは

と感じる程度ですね。

まあ後は店主さんの好みの問題もありますしね。

ともかくこの変化は素晴らしいと思います。

塩は絶賛しましたが、醤油もそれに引けを取りません。

本当にこれ独学かよ、という驚きすらある。

 

f:id:goregrind-axhx:20160711123425j:image

さて豚です。

例によってもう1枚沈んでます。

厚さは然程でもないですが幅広なバラ豚。

メシャ感が強く美味です。繊維感は無し。

脂身の旨味も良く整った豚という印象。

で、この豚食ってて思い出したので

 

f:id:goregrind-axhx:20160711123630j:image

BPをバサっと。

これが破茶滅茶に美味い。

皆さんもこれやりましょう。本当に美味い。

肉一面にまぶす位にかけましょう。

どの位美味いかと言うと、天を仰ぎます。

これがBPだからいいんですよね。白ではいかん。

 

f:id:goregrind-axhx:20160711125112j:image

麺です。

茹で加減は割と柔めに感じましたが

味も香りもしっかりと感じることが出来る。

醤油が変わったおかげで麺も活きているんでしょうね。

 

今日のニンニクは少し辛味がありましたが

スープにしっかりと溶かして食えば気にならない。

以前の醤油だとニンニクさえ抑え込む部分があったので

本当今の醤油に変わって大成功なのでは。

カエシの効きで食わせる二郎は幾つかありますが

困惑する程尖ってる店はあるんでしょうか。

もしあったとして、それを目指していたのだとしたら

まあ、うん、難しいねという感じですが。

 

写真も撮り終えて一気に食い進めます。

400gの割には結構食った感が出ました。

オーション麺ってスープの吸いが凄くて

二郎ではよく「麺が増える」なんて言われますが

土門は割と細めですしそこまで増えた感はないかな。

 

f:id:goregrind-axhx:20160711125516j:image

完食。

スープはちょい飲み。

やはり塩分濃度は控えめですね。

ニンニクマシでは無く普通だったら完飲あったかな。

驚きと感動でもって大満足の一杯でした。

 

何度でも言いますが素晴らしい変化だと思います。

以前の方が好みだったという方も多いでしょうが。

風林火山とは別ベクトルでの完成系。

これからも食って応援していきたいと思います。

夏になったので冷やしまぜそばも開始した様です。

中国黒酢(香醋)を使っているとの事。

僕は香醋があまり得意ではないので、食べるかは不明。

詳しくは土門のfbにもあります。

麺や土門

リンク貼れました。よかったですね。

今回はこんなもんで。