読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラーメンを食べます。Twitterはこちら https://twitter.com/goregrind_men

鶴岡 つるおか家本店 男ラーメン


おはようございます。ラーメン食べてますか?
さて先日の昼間に家族でラーメンです。
最初は羽黒にある琴の(こんの)へ行こうとしたのですが
駐車場満杯で入れなかった為に別のお店へ。

f:id:goregrind-axhx:20160515041355j:image
鶴岡にありますその名も「つるおか家」です
ホームページがあります。
最初の頃のエントリで写真だけ紹介しましたね。
僕は2回目の訪問です。
それではやっていきましょう。

f:id:goregrind-axhx:20160515041432j:image
男ラーメン 醤油味 大盛り(1300円)
です。所謂「全部のせ」ですね。
因みに並盛り1200円ですが
月曜に食うと1000円です。月曜に行きましょう。
味噌味もあります。前回は味噌食った記憶。

f:id:goregrind-axhx:20160515041613j:image
真ん中の肉塊というか肉片です。
ホルモンという名前です。
ホームページにはバラ軟骨と記載されてますね。
とはいえ別段コリコリ感は無く
ホルモン的な噛み切れないグニグニ感も無く
めっちゃ脂のある柔らかいスジみたいな感じです。
しかし見た目程強くはなく、落ち着いてます。

スープの写真はありませんが所謂豚骨醤油です。
まったりとはしているのですが、輪郭はしっかりある。
濃すぎず薄すぎず絶妙な濃度です。
甘味が強めに出ている感じですがまとまっています。
豚骨の炊き方が丁寧なんでしょうかね。
丁寧というか、じっくりというか。
そういう印象を受けました。
骨も臭みの少ない部分を使ってるみたいですしね。
割と背脂も入っています。こってり。
ただくどさというか、脂っぽさは感じません。
風林火山食い過ぎて狂った可能性もありますが
単純に全体のバランスの問題だと思います。
僕は何時もラーメンを食べると
美味いですね や なるほど 等
簡素的な言葉を使いますが、このスープに関しては
おっ、美味いですね という言葉が出ました。
おっ の部分に全てが凝縮されていて
概念的ではありますがこれは軽度の感動です。
中々こういうスープの店がないので、その為でしょう。

f:id:goregrind-axhx:20160515042107j:image
麺です。
写真ではわかりづらいかもしれませんが
軽く緑色です。実際に見てみればわかります。食え。
これはホームページにも書いてありますが
麺にだだちゃ豆を練り込んである為だそうです。
とはいえ だだちゃ豆ですね とわかるほどではなく
独特の甘味を醸し出す程度です。
所謂麺としての旨味の他に
確実に別要因である甘味を感じ取れます。
プラスかマイナスでいうとプラスです。
練り込み麺ながらもモチモチ感はあり
割と食うタイプの麺だと思いました。
無知ですが練り込み麺って加水率の調整が
とんでもなく大変そうに思えますね。
ラーメン屋で働いてた頃1番楽しい作業が製麺でしたが
練り込み麺だったらどうなってたかな。
多分研究してたと思います。

f:id:goregrind-axhx:20160515042802j:image
肉で肉を巻く等して食べると楽しみがあります。
味は肉です。
非常に具沢山なので、食べるのが中々大変です。

f:id:goregrind-axhx:20160515043323j:image
味玉です。流行りに乗って割った写真を。
どこで流行ってるかは知りません。
味は中々濃いめでした。ブレかな?
ここでスープがちょろっと写ってますね。
結構脂が浮いているのが見て取れます。

完飲写真を撮り忘れましたが完飲です。
見た目のインパクトと味の落ち着き加減に
少なからずギャップを感じます。
もっとドバーっときてグチャーっとして
ドベーっとなるかと思ったんですが。
ドッときてグッとなってスッとなります。
これらの単語はインスピレーションであり
人によって変わります。食え。

他にも辛味噌ラーメンや魚介つけ麺など
メニュー数は結構あります。
個人的には文句無しに美味いですし
外す事のない店だな、という印象でした。
僕はコスパという概念が乏しいのでその辺は曖昧です。
美味い物には金を払います。
インパクトや中毒性といった部分はあまりないですが
どこか行きますか ではつるおか家にでも はい
という流れになってもいい店ですね。

因みにですがこのつるおか家のすぐ近くに
鷹乃巣というラーメン屋もあります。
こちらはこちらで結構美味いです。
そのうちエントリ書けたらいいですね。

今読み返してて思ったんですが
僕は全体のバランスは勿論見ますが
その中でも何かこう
突出した部分のあるラーメンが好きなんだなぁと。
あるいは、どこかを崩したものか。
僕が知る限りでは、
所謂煮干し系はそういうお店やメニューが多い気が。
どこかを出したり、あるいは崩す事で
普通ではありえないインパクトを作り出す。
それはハマれば中毒性にも繋がるんでしょうし。
でもそれも、やはりベースがしっかりとして無ければ。
型が無ければ型破りも無いというあれですね。
ラーメン、奥が深いなぁ。というか底無しですね。

さて来週ですが、未定です。
これは今日、友人と肉をやるというのが決まり
財布の都合です。
まあ行けたら行くでしょう。
今回はこんなもんで。